コールマン(Coleman) ファイアーディスク  使い勝手の良すぎる円盤型の人気焚き火台

キャンプ道具

今回ご紹介するのは、キャンプに必須な火を美しく綺麗に見せてくれる丈夫な焚き火台!
円盤型の焚き火台で有名なこちらの商品ですが
一体どのような利便性があるのか詳しく紹介いたします!

※今回は、ファイアーディスク 直径の45cmを使用してのレビューです。

無骨でシンプルなデザイン!1度使うだけで人気の理由がわかるこの感じ。

組み立ても簡単で流石の人気ブランドのコールマンと言ってしまうかも!

スポンサーリンク

商品概要

撮影 – GoTent Yui

本体サイズ

  • 使用時: 直径約45×高さ23cm
  • 収納時: 直径約46×高さ8.5cm
  • 重量: 約1.6kg
  • 材質: ステンレス
  • 耐荷重: 約30kg

付属品

  • 収納袋

良いところ・メリット

とてもコンパクトで、付属品の収納袋で持ち運びも便利!

  • 畳むと支えている脚の部分が綺麗に焚き火台にフィット!
  • 畳んでいるときに収納袋に入れて重いものを載せても壊れなそうな設計なので、車に積むときも安心
  • 設営が楽なのはソロキャンにぴったり!

設置がとても楽!

  • 下の支えている脚の部分を下げるのみ
  • それでも謎の安定感

料理も出来る網付き

  • 網がすべてを覆わないため炭を追加しやすい!

他の焚き火台にはないかっこよさ

  • 円盤というあまりない形なので、焚き火をした時のシルエットが物凄く素敵

手入れが本当に楽

  • 円盤一枚の手入れの楽さは衝撃的です。
  • 四角い系は、隅に炭がたまりがちですがそんなことはありません。
  • ステンレスなので、サビもそこまで気になりません!

悩ましいところ・気になったところ

網が意外にはめづらかった

  • 熱の影響で形が変わってしまったとは思うのですが、
    網に食べ物を載せている最中に火が弱まったので、
    火のついた炭を追加したところ網がずれてしまい
    なかなか元に戻せないということが多々ありました。

    実はこの写真もよく見ると網がずれています。
    でも、そこまで使用に影響は無いです!

移動するときは要注意?

  • 燃えている最中にちょっと移動させたいなといったとき、
    耐熱耐火グローブがあればすっと持っていけそうですが
    このファイアーディスクは特に持ち手が無いので
    用心して持たないといけません。
  • ただし、原則焚き火台は燃えている最中は動かさないようにしましょう。
    火の粉が飛んだりやけどの危険性があります。
    設置する場所はあらかじめ想定しましょう。

総評として

コールマン ファイアーディスク 最高でした!!

手入れが楽で、かっこいい、余計な装備品もないので片付けも楽。

すっとだして、すっとしまえるスマートさ

使用してからは、はやめに買うべきだったと思うほどでした!

今回は、ファイアーディスクの直径45cmを使用しましたが大きいサイズとなるともっと違うかもしれません。

ただ、大きいサイズでもキャンプを楽しくしてくれそうだとは思います。

是非、おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました