キャンプ道具

【ついに出た!】 変幻自在のGoGlamping 軍幕TCタープ!

いよいよやってきました、筆者の5つ目のタープとして迎えたのは

当ブログおなじみのGoGlampingブランドの新製品の軍幕TCタープです!

軍幕タープやパップテントは、しぶくてかっこよくて

いろいろなメーカーが販売し始めている人気の部類ですが

GoGlampingの軍幕タープはいかがなものか、使用感等レビュー&紹介していきます!

以前紹介したGoGlampingの注目の割安でおしゃれなタープの記事はこちら↓

商品の仕様・付属品

まず、今回の軍幕TCタープは2色用意されていて、グリーンとベージュが用意されています!

今回は、当ブログでは珍しいグリーンを使ってみました!

中身を開けてみるとこんな感じに入っています。

小袋もしっかりグリーンで統一感ありますね!

大きい袋のほうにはポールが4本入っています(ちょっと長いポール2本,普通のポール2本)

細すぎず太すぎずといった感じで、悪くないです!

小さい袋のほうは、長いロープ4本と短いロープ6本とペグ12本が入っていました。

(右のカードはGoGlampingの紹介のカードでした。)

DSC08402
DSC08403
DSC08404
DSC08405
DSC08406
previous arrow
next arrow
DSC08402
DSC08403
DSC08404
DSC08405
DSC08406
previous arrow
next arrow

説明書は、すべての備品が入った収納袋に縫い合わせているスタイル

なくすことが無くて安心です!また、紙とは違うので簡単には破けないのでいいです。

また、初心者でもわかりやすいように細かい説明がされていてすごく重宝しました。

いざ本体のタープは広げてみているとこんな感じで、レクタタープとなっていますが

しかし、これが今回のGoGlampingの軍幕TCタープの面白いところで

長方形の短い辺の真ん中に切れ込みが入っています!

これが変幻自在に貼り方を変えられる仕組みです。

また、切れ込みのところにはしっかりハトメ加工がされていて、丈夫にできていました。

いざ、設営!

さっそく説明書を読みながら設営していきます。

と、ここであまりにもこの日は風が強く

ぱっぱと設営してしまったのですでに建てちゃったものを公開!(省略してすいません!)

DSC08422
DSC08421
DSC08420
DSC08416
previous arrow
next arrow
DSC08422
DSC08421
DSC08420
DSC08416
previous arrow
next arrow

見た目、ただのレクタタープだったのに

いざ設営してみればミリタリー感のあるパップテント風に!

今回、初めての軍幕風なタープだったので設営には手間がかかりましたが

説明書がしっかりしていたのでよく読んで作っていくと結構うまくいきました!

オススメポイント

おすすめポイントの第一としては、通常のレクタタープですらたくさんの張り方があるのに

切れ目が増えることでよりたくさんの張り方ができて楽しいこと!ですが

今回は、初期型の張り方しか出来なかったので別なおすすめポイント紹介していきます!

(面白い張り方出来たら今後更新していきます!)

デフォルトの張り方の居住性が高い!

設営してみて思ったことで、デフォルトの張り方でも割と広いことです!

このように2人で椅子をおいて使うこともできるので、以外に便利です。

また、側面の下部が空いているので通気性がよく夏でも涼しいです。

火の粉に強い!難燃TC素材!

TCタープということで難燃性があり、火の粉がとんでもすぐに穴が空くようなこともなく安心です。

また、生地も厚く遮光性が高いです!

夏の直射日光があたらず、日陰がしっかりできるので最高でした。

加えて、使用した日の夜はゲリラ豪雨に見舞われたのですが防水加工がしっかりしていたので

タープが朝までしっかり水を弾いていて安心でした。

まとめ

今回は、初めてこのような形のタープを使っていきましたが

ただの1枚のタープがこんな軍幕風になるのが非常に面白いです。

少しはじめの設営には手間がかかりましたが、慣れればすぐに設営できると思います!

このタープに、コットと蚊帳を使えば今流行りの

パップテントスタイルでキャンプを楽しめると思います。

しかも、そもそもがタープであるため様々な工夫をすれば自分なりのかっこいいアレンジができるので

非常に設営に自由度が高くワクワクする製品でした。

トレンドの使い方も普通の使い方もできる変幻自在なタープなので

ぜひ、興味のある方は使ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました