キャンプ道具

便利でおしゃれな焚き火台 YOLER フォールディングストーブM 使ってみた!

最近SNSで見るようになってきたキャンプギアメーカー YOLER

YOLER
Better Life in YOLER

素敵な焚き火台やテーブル等多くのキャンプギアを作っているメーカーさんですが、

今回はその中で気になった スマートフォールディングストーブMの使用レビューをしていきたいと思います!

自分が所有している焚き火台では5台目、ワクワクしながらレビューします(BBQコンロ換算だと3台目くらいです)

価格も2300円(2021年3月26日現在)程度で、とってもお求めやすい価格で気軽に使えるのは良きです!

基本スペック

展開サイズ(約)幅290mm×奥行210mm×高さ300mm

収納サイズ(約)幅300mm×奥行210mm×高さ40mm 

重量(約):1.65kg 

幅と奥行きのサイズはA4の大きさで、焚き火台としては大きすぎず少し小さいぐらいです。

コンパクトな収納バック付きで、持ちやすい!

内容物は、炭受け台と炭ストッパーとゴトクとロストル(網のようなやつ)!

炭受台と外側を組み立てて見るとこのような形に・・・

炭受台の高さは3段階調整出来ます!調理の時の火加減調整も楽ですね!


炭ストッパーは風が吹いても炭や火の粉が落ちないように出来るので非常に便利です

ゴトクとロストルを設置して完成!

全体像はこのようなデザイン!

外観が鏡面の様で、とても綺麗です!

形はキャプテンスタッグのコンロと似ていますね!

火入れして、実際に使ってみると・・・・

空気の流れがよく出来ていて、意外によく燃えます!

撮影のときは、風が吹き荒れていたのですが 

炭や火の粉がどっかに飛んでいったりせず安全に使えました。

空気を入れるための通気口からの火の光が綺麗に!

自然にはないような鏡面のような外観が逆に雰囲気を良くしてます。

サイズの大きさがちょうどよく、調理の幅が広がります!

ぎゅーぎゅーですが、ホットサンドメーカーとメスティンがのる大きさ

メスティンの横にミニ鉄板とか丁度いいかもしれないですね!

ソロやデュオキャンにおすすめできます。

後片付けがめちゃくちゃ楽!

火を消し終わったら、分解して↑の炭受台を外すだけ!

焚き火台の下も特に灰や火の粉が落ちているように見えなかったので、気持ちよく使えます

まとめ

コンパクトに収納できて軽く

通気口もしっかりあってしっかり燃焼

調理の時も高さ調整で火の強さ加減を調整できて

風にも強く炭や火の粉を飛ばさない

なおかつ片付けのときもすごく楽!

総評として、快適な焚き火が出来る万能焚き火台でした!

ソロやデュオではとても楽しく料理など出来るのではないかと思います、

値段もこの性能の割に安いのでめちゃおすすめです!

実は、途中で紹介したキャプテンスタッグのフォールディングコンロB6サイズを

自分は所有しているのですが、

形が似ていてもYOLERスマートフォールディングストーブMはA4サイズと大きいので薪や炭を入れやすく、調理もしやすいので

サイズはこのサイズが抜群だと思えました!(個人的な意見です!)

タイトルとURLをコピーしました